ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

Pebble、新3モデルを発表へ「Pebble 2」「Time 2」「Pebble Core」

スポンサーリンク
Time 2
Time 2

Pebbleは新型のスマートウォッチ「Pebble 2」と「Time 2」に加え、「Pebble Core」を発表しました。

キックスターターを利用して資金を集め発売するようで、2016年9月・11月頃に出荷される見込みです。価格はPebble 2が99ドル(約1万円)、Time 2が169ドル(約1.8万円)、Pebble Coreは69ドル(約7500円)となっています。

 

スポンサーリンク


Pebble 2とTime 2について

Pebble-2_Collection_White-768x432
Pebble 2

Pebble 2とTime 2はフィットネストラッカーとして利用可能です。心拍計の追加・30mの防水性能・iOS・Androidに対応しているなど、前機種との共通点が多いです。今挙げた特徴以外にも

  • Always-Onディスプレイ
  • 音声入力を利用しSMSの返信、ノートにメモる操作が追加
  • Pebbleは7日間、Time 2は10日間充電が持ちます
  • 音楽の操作
  • 13,000を超えるアプリがPebbleで利用可能

両者、共通項が多いですが、価格が高いTime 2が基本的に良い出来になっています。

Pebble 2 Time 2
 ディスプレイ モノクロ フルカラー
 ディスプレイサイズ  Time 2の方が大きい
 電池持ち 7日 10日

健康がキーワード

Pebble 2 、 Time 2は健康がキーワードとなっていて、運動をする際の適応目標とそのスケジュールが設定出来ます。Pebble Healthは開いている時間を有効活用するために、カレンダーアプリと統合されています。これにより、予測不可能な予定の変化に気づき、効率良くスケジュール目標の達成に励むことが出来ます。

Pebble Healthは消費カロリー、アクティブ時間、運動時・安静時の心拍数、睡眠測定をしてくれます。これらはスマートフォンアプリによってグラフ化されます。

Pebble Healthは2017年にかけて、更に統合する予定で、Apple HealthKit、Google Fitと同期が出来る事を目指しています。

Pebble Core

Pebble Core
Pebble Core

 

Pebble Coreは腕に装着する必要のない新しいタイプの製品です。Pebble Coreの中央にはボタンがあり、様々な動作を設定出来ます。GPSによる車のトラッキング、車のロックの解除、ライトのオン/オフ、SOSアラートの発信、音声の録音など使い方は多数に及びます。所謂IoT向けの製品と言えるでしょう。

そしてPebble Coreは3G通信に対応しているため、この製品単体で扱うことが出来ます。

ソース:Pebble/キックスターター

Return Top