ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

【レビュー】ZenPad S 8.0のソフトウェア面のレビュー、エンターテイメント性の高いタブレットに

 2016-05-24
約 7 分
【レビュー】ZenPad S 8.0のソフトウェア面のレビュー、エンターテイメント性の高いタブレットに

#ZenTour2016 で提供されたASUS ZenPad S 8.0のレビューをこれから1ヶ月ほどかけて書いていきたいと思います。ということで、第2回目となる今回はソフトウェアのレビューを中心にレポートしていきます。よろしくお願いします。

第1回目の記事:【レビュー】ZenPad S 8.0の外観をじっくりと観察してみる。

 

スポンサーリンク


便利なアプリが多彩にインストール

ZenPad S 8.0は便利なプリインストールされているアプリが多数あります。ASUSタブレットはNexus 7(2012 / 2013)と続いてこれで4台目ですが、ZenPadシリーズは今回が初めてです。Nexus端末、元はといえば素のAndroidなのでASUSが独自にカスタマイズしたアプリはインストールされていません。いつもお世話になっているメーカーですが、とても新鮮な気持ちになれました。

ASUSタブレットが初めての方にも

プリインストールされているアプリは多種多様で、どれもうまく活用出来れば役に立つものばかりです。タブレットの初心者にはASUSサポートというアプリを真っ先に起動し、操作や機能面における疑問を解決してみましょう。

ASUSサポートアプリ
ASUSサポートアプリ

最高のエンターテイメントを

音楽・映画を観るのが好きな人にも適しているのがこのZenPad S 8.0です。ZenPad S 8.0にはVisual Masterが搭載しています。これはASUS独自の映像処理技術で、ハード・ソフトウェア面両方からアプローチをかけ、処理してくれます。

Tru2Life  コントラスト・シャープネスを自動調整
Blur-Free Motion モーションブラーを抑え、動きの激しい映像もくっきりと表現
 ブルーライト軽減 ブルーライトを軽減してくれるフィルター
 色温度 色のユーザー自身で設定可能

音質面でのアプローチはDTS-HD Premium Sound と SonicMasterに両対応していることで、圧倒的な臨場感で楽しめる他、AudioWizardでユーザー自身でとても細かく音の設定が出来ます。

AudioWizard
AudioWizard

Z Stylusでタブレットに実用性を

ZenPad S 8.0にはZ Stylusというアクティブスタイラスペンが利用出来ます。筆圧感知1024段階まで感知でき、動力は単6電池1本です。Z Stylusを使うにはZenPad S 8.0側の設定でONにする必要があります。Z Stylusを本体に近づけることで自動で連動し、スタイラスペンでの操作が可能となります。パームリジェクションに対応しているので、手がディスプレイに触れても問題ありません。

近づけると反応
近づけると反応

任意の場所でスクリーンショットが撮り、切り抜きとして利用したり、スクリーンショットに直接メモ書きすることも出来るのがZenPad S 8.0のいいところ。気になるお店をチェックしたついでに電話番号を記載したり、色々な使いみちが思い浮かびます。

任意の場所で
任意の場所で

 

メモ書き
メモ書き

 

パームリジェクションに対応していると言いましたが、最初からインストールされているSuper Noteでは「ペンのを使用」というチェック項目にチェックをしなければ手も反応してしまうため、注意が必要ですが、それだけチェックしてしまえば快適にお絵描きなり、メモなりに利用出来ます。私はよくOneNoteを使っているのですが、ZenPad S 8.0にもインストールして使ってみようと思いました。OneNoteに依存している私にとってZenPad S 8.0とZ Stylusは外せないアイテムとなりそうです。

パームリジェクションに対応
パームリジェクションに対応

総括

ZenPad S 8.0は、必要以上にアプリをインストールする必要は無いと思いました、必要最低限以上のアプリがインストールされているので、素のままでもすぐに活用出来るものが多くあります。Z Stylusも、ZenPad S 8.0を購入したのであれば、ぜひ入手しておきたいアクセサリーの一つであると感じます。Zen UIも思っていたほど悪くなく、アイコンパックも配信されているので、自分好みにカスタマイズできますし、各アプリには配色を変更出来る機能もあるので、ホームアプリに限らず、ほぼ全てのプリインアプリを自分好みにカスタム出来るのは面白い試みの一つではないでしょうか。

Android OS Android 5.0 Lollipop(Android 6.0へアップデート予定)
ディスプレイ 7.9インチ 2048×1536ドット ゴリラガラス
CPU Intel Atom Z3580 / Z3560
RAM 2 / 4GB
ROM 16 / 32GB
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
ネットワーク Wi-Fi(a/b/g/n/ac)/Bluetooth 4.1
サイズ 134.5×203.2×6.6mm 298g
バッテリー 8時間駆動
その他 USB Type-C

 

ツール系

  1. ASUS サポート
  2. AudioWizard
  3. PC Link
  4. Super note
  5. アプリのバックアップ
  6. クイックメモ
  7. システム更新
  8. ファイルマネージャ
  9. ミラー
  10. 時計
  11. 省電力設定
  12. 自動起動マネージャー
  13. 音声レコーダー
  14. Data Transfer
  15. Splendid
  16. Remote Link

写真編集

  1. ギャラリー
  2. PhotoCollege
  3. Mini Movie

生産性

  1. Share Link
  2. Whats Next
  3. やることリスト
  4. カレンダー
  5. ブラウザ
  6. 電卓
  7. Web Storage

その他

  1. My ASUS
  2. 連絡先
  3. ATOK
  4. Zinio
  5. 天候(天気アプリ)
  6. ZenCircle

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク