ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

Microsoft、「OneDrive」の無料ユーザー向けに申し込みで15GBが継続利用可能に

約 2 分
Microsoft、「OneDrive」の無料ユーザー向けに申し込みで15GBが継続利用可能に

Microsoft Onedrive 41841Microsoftはクラウド・ストレージサービスである「OneDriv」のプランの内容を変更しました。無料ユーザーは15GBから5GBへと縮小されますが、申し込みをすることで継続して15GBを無料で使えると、一部内容の変更を発表しました。

 

スポンサーリンク


申し込み方法

下記リンクから申し込みを行います。

<OneDrive Keep Your free storage>

15GB分のカメラロールストレージの特典を適用中のユーザーも、継続利用可能で、最大無料分30GBがプラン変更後も使えるので、ぜひとも申し込みをしたほうが良いかと思います。

改悪したOneDrive

プランの変更は無料ユーザーに留まらず、有料で利用しているOffice 365 Solo、Office Premiumでさえ無制限ストレージの提供を終了し、1TBへと制限されるようになります。現在1TBを超えて利用しているユーザーについては12ヶ月間の猶予期間を設けるそうです。

そもそも、なぜこのような事態に陥ったのかというと、一部のユーザーが無制限ストレージであるが故に75TB分もアップロードしていたという事が一因となっているみたいです。しかも、一般的なユーザーが使う容量の1.4万倍だとか。

Microsoftの詰めの甘さ

無制限を謳っているのであれば、そのようなユーザーがいることも想定すべきだと思います。ましては世界的な企業のMicrosoftが想定出来なかった事態というのは、若干疑問。これはMicrosoft側の完全な採算ミスで、関係のないユーザーにも影響が及ぼされる事態になりました。今回の対応について納得の出来ない者もいるように思えます。

ソース:Microsoft 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク

<この記事は参考になりましたか?>

(最終更新:2016-02-20)