ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

追記あり:VAIO、同社初のAndroid 5.0搭載スマートフォン「VAIO Phone」を発表 3/13発売へ

約 3 分
追記あり:VAIO、同社初のAndroid 5.0搭載スマートフォン「VAIO Phone」を発表 3/13発売へ

vaio-furi

 VAIOは同社初のブランドスマートフォン「VAIO Phone」を発表しました。日本通信と協業製品になります。価格は51,000円で3月13日発売になります。

スペック

  • Android OS: 5.0.2
  • ディスプレイ:5インチ 1280×720ドット 
  • CPU:Snapdragon 410 1.2GHzクアッドコア
  • RAM:2GB
  • ROM:16GB(microSDXCまで対応)
  • アウトカメラ:1300万画素 CMOS LEDライト  
  • インカメラ:500万画素 CMOS
  • ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n /Bluetooth 4.0/LTE Cat 4/GPS
  • サイズ:141.5×71.3×7.95mm 130g
  • バッテリー:2500mAh
  • カラバリ:ブラック 


VoLTE非対応、NFC非対応、おサイフケータイ非対応、非防水、バッテリー交換不可になっていて、本当に素のAndroidスマートフォンになります。スペックもかなり古い世代で、NFCにも対応していない、なおかつHD解像度であること、これで5万円というのは正直高いです。

デザインについてはNexus 4を踏襲させるようなもので、背面はガラスになっています。 

vaio-ura
vaio-shoumen

表裏共にガラス素材を使用しており光沢面になっています。側面は握りやすさを重視したマット仕様になっています。LTEには2000/1800/800MHzの3バンドに対応。

デザインについては賛否両論ですが、私は好きですよ。ですがどうもVAIOらしさを感じないデザインですね。悪く言うならばNexus 4にVAIOのロゴを付け足した・・という感じです。

それを抜いて言えば、シンプルで落ち着いたデザインとなっているように思えます。

製造元は日本通信となっていますが、生産に関しては台湾メーカー「Quanta Computer」が担当しているため、正確にはOEM製品になります。

ちなみに、国内企業初のAndroid 5.0搭載スマートフォンになります

追記:パナソニックに関してもQuanta ComputerよりELUGA U2を生産していますが、デザインがVAIO Phoneと酷似しています。強いて言うならばELUGA U2の方が先に発売してます(台湾にて)

価格は3万円でスペックはVAIO Phoneと同等の物になっています。(厚さが7.95mmなので一致)
VAIOのロゴが2万円の価値があるということになります。

u2_1

ソース:b-mobile

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク

<この記事は参考になりましたか?>

(最終更新:2016-02-20)