ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

【コラム】Windowsタブレットを初めて手にした時に設定すべき3つのこと

約 3 分
【コラム】Windowsタブレットを初めて手にした時に設定すべき3つのこと

遂にWindowsタブレットを買いました。しかし、、、実に使いくい。タッチ操作は難しい。

マウス・キーボードがあれば使いやすいですがタッチのみでのデスクトップ操作は難しいです。

ということで今回はWindowsタブレットを初めて手にした時に設定すべき3つのことを紹介します。

 

 

スポンサーリンク


回復ドライブの作成(リカバリ)

Windowsタブレットにはシステム領域に回復ドライブが作成されていますが、それだけでは心配なのでUSBメモリ(推奨8GB以上)に回復ドライブを別途作成しておきましょう。

メーカーからプリインされた回復ドライブ作成アプリがある場合はそちらを利用しましょう。それがない場合がWindows 8.1標準のソフトウェアを利用します。

①コントロールパネルを開く

ヒント:Modern UIのアプリ一覧にコントロールパネルがあります。

②コントロールパネルを開いたら表示方法を「小さいアイコン」または「大きいアイコン」にします。

③その後、回復をクリックします。

④回復ドライブの作成

回復ドライブの作成という項目があるのでそちらをクリックして下さい。その後、指示通りに操作を完了させて下さい。

※チェックを忘れずに

タッチ操作をより快適に

タッチ操作をより快適にするために、デスクトップの小さな画面を大きくしたいと思います。これは拡大率を利用するものです。

①コントロールパネル>「小さいアイコン」または「大きいアイコン」>ディスプレイ

まずはここまで行きましょう。

②全てのディスプレイで同じ拡大率を使用するチェック

③お好きな設定に変更して下さい。

ヒント:カスタマイサイズ変更オプションで更に細かく設定出来ます。
ヒント:適用しサインアウトを行うことで有効になります。

タッチ操作をより快適に-2

続いては、ウィンドウの枠の幅を大きくしたいと思います。これはレジストリを弄るので苦手な方はお控え下さい
枠の幅を大きくすることでより快適にタッチ操作が可能になります。

①Windowsボタン + Rで「regedit」と検索

レジストリエディタが出てきます。

②画像の手順で変更

ヒント:HKEY_CURRENT_USER/ControlPanel/Desktop/WindowMetricsPaddedBordeWidth

数字を入力する際は-60がデフォルトで数字だけを見てそれより大きい数になるほど太くなります。

オススメは-200程度です。 

ヒント:スクロールバーはScrollHeight(縦)ScrollWidth(横)で同様に変更できます。 

その後再起動して下さい。

他にも設定すべきことはある。

他にも設定して快適にする方法はいくつもありますが、最低限これくらいはやっておいたほうが無難です。
特に拡大率は必須の設定だと思っています。

他に何かあればご紹介しますね。
ではここまで 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク