ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

ソニー、像面位相差AFを搭載したスマートフォン向け新型CMOSセンサー「Exmor RS IMX230」を発表

約2分
ソニー、像面位相差AFを搭載したスマートフォン向け新型CMOSセンサー「Exmor RS IMX230」を発表
img01

ソニーモバイルは同社の新型CMOSセンサー「Exmor RS IMX230」を発表しました。
主にスマートフォン向けで、最大2100万画素まで有効なセンサーです。

この「Exmor RS IMX230」は業界初の像面位相差AF信号処理機能を搭載したもので動きの早い被写体への追従制性に優れています。HDR機能も4K動画や高解像度な静止画にも対応されました。 

デジカメを超えてきたスマートフォン向けの「Exmor RS 」は2015年の4月以降に量産出荷されるそうです。
恐らくですが、Xperia Z4辺りに搭載してきそうですね。

像面位相差は一眼レフでは搭載しているのが辺り前だったのですが、これがスマートフォンでも利用出来るわけなので、素早く動きまわる被写体に対してより簡単により早く撮影ができるようになるわけです。

詳細ですが以下の通りです。

  • 有効画素数:2100万画素
  • イメージサイズ:1/2.4
  • フレームレート:Full 24fps/4K 30fps/1080p 60fps/720p 120fps
  • 感度:78mV
  • 主な機能:像面位相差AF / HDR イメージング/白点補正/NR
ソニーモバイルのCMOS出荷数は世界的に見てもかなり多く、今回の「Exmor RS IMX230」も需要がそれなりに大きいはずです。
「Exmor RS IMX230」と同じ機能を搭載した 有効画素数1600万画素のラインナップ展開も予定するみたいです。

ソース:ソニーモバイル

 

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク