ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

Apple、「iPad mini」の生産を2015年に打ち切る可能性が浮上

約 2 分
Apple、「iPad mini」の生産を2015年に打ち切る可能性が浮上

ipad-mini3-step1-wifi-gold_GEO_JP

台湾の経済日報は同国の市場にiPad miniの生産を2015年に打ち切る可能性があると報じました。

これが本当ならば台湾以外の国でも生産の打ち切り、及び在庫限りの販売で「iPad mini」の短い歴史に幕を閉じることになります。

考えられる生産打ち切りの要因としては以下の2点です。

  • ①iPad mini 3が大失敗だった
  • ②iPhone 6 Plusというディスプレイサイズが大きいiPhoneが誕生したから

iPad mini 3 はTouchIDが追加されただけで他は、iPad mini 2と変わらないのにも関わらず値段が1万円程高いということです。こんなんじゃ、誰も求めてませんし消費者をいくらなんでも舐めすぎです。

iPhone 6 Plusという5.5インチのスマートフォンが誕生してしまったことでiPad miniの需要が減ったとAppleは考えていると思います。

またiPad mini  の代わりとして12.2インチの「iPad Pro」を新しいラインナップとして登場させるだろうと言われています。

実際、サイズ別に考えてみるとiPad miniは不要というふうに捉えられてしまうものでしょう。(Appleからしたら)
ただ、消費者からしたらiPad miniのサイズは必要ですし、iPad Proはどうなのかと言われると私はいらないと答えてしまいます。

iPhone 6 Plus(5.5インチ)<iPad mini(7.9インチ)<iPad(9.7インチ)<iPad Pro (12.2インチ)

 ソース:経済日報

 ————————————–

登録お願いします!フォローバックします。


follow us in feedly


 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク