ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

【ハードウェア編】MVNO運用のためにARROWS NX F-01F という白ロムを購入しました

約 5 分
【ハードウェア編】MVNO運用のためにARROWS NX F-01F という白ロムを購入しました

外観編はこちら

【外観レビュー編】MVNO運用のためにARROWS NX F-01F という白ロムを購入しました : ガジェットギーク

ARROWS NX F-01Fの白ロムを買いました。前機種はARROWS X F-02Eでこちらと基本的に比較します。
外観編がレビュー的には最初の記事ですのでこちらからご覧してもいいですよ(╹◡╹)

まずは定番の基本スペックからです。
 

  • AndroidOS:4.2.2(Android4.4へアップデート予定)
  • ディスプレイ:5インチ TFT 1920×1080  White Magic ディスプレイ
  • CPU:Snapdragon 800 2.2GHz クアッドコア
  • RAM:2GB
  • ROM:32GB
  • アウトカメラ:1310万画素 Exmor RS for mobile  GRANVU   CMOS
  • インカメラ:130万 CMOS 
  • ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n/ac/Bluetooth4.0/NFC/GPS/LTE
  • サイズ:140×70×10mm
  • バッテリー:3200mAh
  • カラバリ:マゼンタ・ブルーブラック・ホワイト
  • その他:フルセグ・ワンセグ・防水 IPX5/8

 スペックは最近のエントリーモデルと比べると劣るが十分です。2年は戦えます。

 

スポンサーリンク


富士通のプリインストールIME「ATOK」が進化した

これは確実に言えます。進化しました。

お世辞にもARROWS X F-02Eは富士通のプリインストール日本語入力アプリのATOKはダメでした。使えません。しかし、今回のARROWS NX F-01FのATOKはフリック入力のし易さ、変換性能を含めて格段にレベルアップしているため、ストレスフリーで文字入力ができます。

今まで使っていたGoogle日本語入力はいらないかも・・。

恐らくCPUもSnapdragon 800へとグレード上がったのも原因かもしれません。

多機能ながらも無駄が少ない

ARROWS NX F-01Fは様々な機能を搭載しています。でも無駄な機能が少ないため活用できるものが多くありそうです。

これはディスプレイの設定です。

「インテリカラー」は色合いを調整してくれるのですが私はつかっていません。
ですがその下にある「ブルーライトカットモード」、これは便利です。最初は見づらいと思いますが使っていくうちに慣れます。

ブルーライトカットをすることでディスプレイが発する有害な光を抑えてくれます。
ブルーライトカットアプリとか家電量販店で2980円で売っていますよね・・・ボッタクリ。

ARROWS NX F-01F以外にもアプリとかでもブルーライトカットのアプリが無料であるのでそちらで対処できるかと思います。

続いてこれ「スライドディスプレイ」

スライドディスプレイはディスプレイが大きくて上まで届かないという時にオンスクリーンボードの右下をタップするとディスプレイ全体が引き下がります。これで手が届きます5インチに慣れていない方などに便利ですね。

当然5インチに慣れている人にとっては邪魔になる機能だと思うので無効にも出来ます。

「Dolby Digital Plus」が搭載

ARROWS X F-02Eよりも進化したドルビーが搭載しています。カスタム設定もできるようになったので音楽再生にも役に立ちます。

「エコモードも進化」

エコモードの設定も更に増えています。

バックグラウンドで動くアプリの動作を制限したりして、バッテリーの寿命をのばすことが出来ます。

 

バッテリー持ちが良いとのことで
 

White Magic ディスプレイ が搭載されたことでバッテリーの持ちが良くなり3日間持続することを売りにしています。果たして本当にそうなのでしょうか?

White Magic ディスプレイは従来の R B Gに Wのホワイトを追加したことでディスプレイの輝度を明るくしたまま消費電力を抑えることができるソニーモバイルのディスプレイ技術です。

色合いなどは多少落ちるらしいですが、私は不便はしてません。

消費電力が45%従来に比べてカットされるため、同じ輝度でもARROWS NX F-01Fの長く持ちます。
従来の輝度は大体400カンデラが最高でしたがARROWS NX F-01Fでは輝度も800カンデラまで明るくなるためF-
01Fを最大輝度にしたところでやっと従来と同じ消費電力になります。

MVNOのセルスタンバイ問題については後日お話します。

ベンチマークテスト結果です。

最近の機種と比べると先ほども述べたとおり差が出ますが、正直Snapdragon 800でも事足ります。
困ることはないでしょう。

総評すると過去のARROWSと全く勝負にならないくらいにヌルヌル動きます。

前のARROWS X F-02Eで満足していたのにこれに変えてから前の機種を触ると使い物にならない・・というのが感想です。

価格も安くてコストパフォーマンスも良いと思います。

カカクコムの満足度1位に輝いたARROWS NX F-01Fは良い買い物となりました。

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク