ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

NVIDIA-TegraK1を搭載したゲーミングAndroidタブレット「NVIDIA SHIELD Tablet」が10月10日に日本上陸

約 2 分
NVIDIA-TegraK1を搭載したゲーミングAndroidタブレット「NVIDIA SHIELD Tablet」が10月10日に日本上陸

NVIDIAは同社が開発したモバイルプロセッサーのTegra K1を搭載した 8インチAndroidタブレットの「SHIELD Tablet」を発表しました。タブレット単体とコントローラーのセットの2モデル販売予定でWi-Fi 16GB 本体のみ4万6220円。 コントローラー、タブレット本体、カバーセットで5万3780 円で販売されます。

「SHIELD Tablet」はSnapdragon 805のベンチマークを大きく上回るTegra K1を搭載しており 2.2GHz クアッドコア を搭載しています。ゲーミングタブレットだけあって 192コアのKepler GPUという強力なものも積んでいます。

ゲーミングタブレットと言っても何ができるのか・・というと、クラウドゲームサービスが利用でき、Androidで配信されているゲーム以外にクラウド上に保存されたPCゲーム(アサシンクリードなど)が「SHIELD Tablet」だけでプレイできます。またTwitchを利用したライブ放送も可能でPS4やXboxOneのような感覚で手軽にゲームを配信出来ます。本体にHDMI端子があるためテレビ上でゲームも出来ます。

SHIELD Tabletの初代機が日本で販売されていなかったので今回の新モデルも発売されるとは思ってもいませんでした。NVIDIAはTegraNoteを日本に投入するなど国内での市場拡大を狙っているように思えます。今回のSHIELD Tabletもその戦略の一つだと考えています。

スペック

  • ■AndroidOS:4.4
  • ■ディスプレイ:8インチ 1920×1200 IPS
  • ■CPU:TegraK1 2.2GHzクアッドコア
  • ■RAM:2GB
  • ■ROM:16GB/32GB
  • ■アウトカメラ:500万画素
  • ■インカメラ:500万画素
  • ■Wi-Fia/b/g/n/ac 5GHz帯対応 Bluetooth v4.0
  • ■バッテリー:5330mAh
  •  
ソース:

Engadget

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク