ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

XperiaZ2“Sirius”のリーク情報まとめ-2014/01/21

約 3 分
XperiaZ2“Sirius”のリーク情報まとめ-2014/01/21

ソニーモバイルの次期フラグシップモデルとウ・ワ・サされている「XperiaZ2」こと
コードネームSirius(シリウス)のリーク情報をまとめた記事です。

最終更新日時:2014/01/21

■コードネームは“Sirius”(シリウス)

Xperiaの次期フラグシップモデルのコードネームは「Sirius」へ決定しました。
XperiaZ1のコードネームは XperiaHonamiです。(長野県にある穂波温泉のこと)
因みにXperiaZ1fはAmamiというコードネームで大阪府にある天見温泉のことです。

XperiaZ2と噂される端末のコードネームは「Sirius」なので2014年モデルは星座が
コードネームになるのでしょうか?

■NTTドコモ向けに技適を通過した 

NTTドコモ向けスマートフォンのXperiaの次期フラグシップモデルのXperiaZ2に該当すると予想される
PM-0741-BVが国内での技適を通過しました。

・取得された周波数帯
モバイルネットワーク
LTE  2100/1800/1500/800MHz(クワッドバンド)
WCDMA  2100/800MHz

その他
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac  2.4GHz and 5.0GHz 帯

(ソース:Blog of Mobile!

■スペック情報

■ディスプレイ:5.2インチ 2560×1400 WQHD(IGZO)
■アウトカメラ:2600 or 2300 or 2070万画素 (複数のリークあり)
■バッテリー:3700mAh
■カラーバリエーションは5色
■背面はガラスコーティングを変更し別の素材へ
■プロセッサ:Snapdragon  MSM8974AB 2.3GHz クアッドコア
(ソース:evleaks
■RAM:3GB

■発表はMWC2014らしい

MWC2014は2月24日より開催されます。世界最大規模の携帯展示・発表を行うイベントのことです。
おそらく、そのMWC2014で発表されると言われています。
(ソース:Pingce.net)

 
 ■背面のパネルが流出
XperiaZ2(Sirius)とみられる背面パネルが中国の掲示板サイトdigi-woより投稿されていました。投稿された背面パネルはFCC表示などが無記載のことから、試作と考えられます。
またこの背面パネルがXperiaZ2のパネルと証明できるものはありません。
カタチはXperiaZシリーズと似ているカタチで背面の素材はカーボンのような素材で
ガラスではありません。(ソース:digi-wo.com

Sirius-480x445

■本体画像が流出
XDAよりXperiaZ2の鮮明な本体画像がリークされました。

image_thumb231
image_thumb230

image_thumb229

image_thumb228

ソース:リンゲルブルーメン

■XperiaZ2と予想されるスクリーンショットが流出?

Android4.4.2のKitKatを搭載したソニーモバイル製の未発表機種「D6503」のスクリーンショットが
流出されていました。

おそらくこの機種はXperiaZ2と見られます。
 
スクリーンショットはソース(juggly.cn)より大量にあります。

Sirius-19-281x500Sirius-17-281x500

ソース:juggly.cn

 

2014/01/21付 更新 

以上
 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク