ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

最大15日間使えるスマートフォン「Oukitel K10000」が1月2日に発売へ

スポンサーリンク

Oukitek K10000 3

中国メーカー Oulitelはスマートフォンとして世界最大量のバッテリーを搭載したスマートフォン「K10000」を発表。1月2日にグローバル発売予定です。

 

スポンサーリンク


バッテリーライフは10~15日

Oukitel K10000 1

バッテリー容量は、10000mAhを搭載。この機種の最大の特徴で一般的な仕様条件に基づいたバッテリー駆動時間は最大でも15日に及ぶ模様です。

スマートフォンの大容量バッテリー搭載と聞くと、3000-4000mAhが大容量という認識がありますが、それを遥かに超える容量です。モバイルバッテリーとしての利用も可能だそです。

充電は3時間半

Oukiel Battery 3.5H

充電時間は3時間半で満充電になるとされていて、超急速で充電されているのでしょうか。

バッテリー容量に目が行き過ぎて・・・

肝心なスペックなのですが、バッテリー容量に目が行き過ぎていて埋もれてしまいそうです。スペックとしてはお世辞にも良いとは言えず、ミッドレンジモデルスマートフォンとして位置づけされます。

ディスプレイサイズは5,5インチで1280×720ドット、800万画素のアウトカメラに200万画素のインカメラ、CPU(SoC)にはMediaTek MT6735 Cortex-A53 1.0GHz クアッドコア。RAMは2GBで、内蔵ストレージは16GBとなります。

通信周りは4G LTEのデュアルSIM対応。搭載OSはAndroid 5.1 Lollipop。サイズは143×77×9mm 184g。10000mAh搭載しているスマートフォンとしては厚さ以外普通と言ったところでしょうか。

ネットワーク

  • GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • WCDMA(1900/2100MHz)
  • FDD-LTE(800/2100/2600MHz)

価格は239.99ドル(約3万円)

オンラインストア上で予約が開始で239.99ドル(約3万円)です。ただし、クーポン「K10000」を適用させることで199.99ドル(約24,000円)で購入ができます。クーポンは数量限定か、期間限定だと思われます。

日本からの注文も受け付けていますが、国内の電波法違反などの事情もあるため購入は各自自己責任であることを忘れないで下さい。

ソース:GSM Arena / GEARBEST

<この記事は参考になりましたか?>

(最終更新:2016-02-20)
Return Top